全てに即答出来ます

合格者実績

合格者速報!

私立大成高等学校 HOくん 私立杏林大学 保健学部 理学療法学科 公募推薦合格!!

教室長メッセージ


調布市立第八中学校 SSくん 都立調布北高校 合格!!

合格者実績
合格者実績
合格者実績

僕は、中学3年生になるまで勉強を真面目にしたり、塾に通ったりしたことがありませんでした。
そんな時3年生になり、このままだと私が希望している高校に入ることはできないと言われたので塾に通い始めました。ただ、そこの塾での勉強方法に不安を感じたので、塾をs-Liveに変えました。
初め僕は調布北高校を第一志望にしていませんでしたが、11月のVもぎでB判定をとり室長からB判定を取って落ちた人は見たことがないと言われ僕も頑張ってみようと思いました。
1月のVもぎもB判定で本当に大丈夫か、やはりA判定の高校を受験した方がいいのではないと考えました。でも、室長の言葉を信じ、挑戦してみようと思いました。
合格発表まで自分はダメかも知れないと思っていました。
合格したとわかった時は本当に嬉しかったです。
今まで僕は自分が全く勉強できないと思っていましたが、調布北に受かったことで自信を持つことができました。

 

【お母さまより】
息子は当初、違う塾に通っていました。夏休み明けの面談時、塾長の発言で息子が意気消沈し、私が不信感を抱いた事が転塾を考えさせるきっかけになりました。
幸い息子も転塾を受け入れてくれ、s-Liveに10月から毎日通う事になりました。
宮岡先生は勉強だけではなく、チャレンジする勇気と自信を持てるように導いてくださったと思います。
そして、息子はギリギリまで悩み模擬テストでB判定だった調布北高校を受験することに決めました。
私は受かる学校ではなく、行きたいと思う学校を受験して欲しいと考えていたので、それだけでも転塾してよかったと思いました。
合格できた事は息子の努力の賜物だと思います。本当に毎日頑張っていました。
けれど、受験で息子が持てる力を発揮することが出来たのは、宮岡先生をはじめ行使の先生方のご指導あってこそだと感謝しています。
本当にありがとうございました。

教室長メッセージ

【入塾】

彼の入塾は転塾が契機でした。

もともと通っていた個別指導の塾では、模擬ではA判定を取らなくては受験をさせてもらえないとのことでした。

実際の話、今までの塾生たちでA判定で受かった生徒ももちろん多いですが、

B判定で落ちた生徒を見たことがありませんし、判定が悪かったとしても、当塾では本人の希望を最大限に尊重します。

大人になってからのことを考えると、挑戦の経験値は子供のうちにためておいたほうが良いと考えているからです。


【入試戦略】

彼の場合は、内申点が合格基準に少し足りていませんでしたが、

余りあるだけの問題を解く能力がありました。

 

暗記に関してもひたむきに取り組むと同時に、ただ暗記するだけでは意味がないということも理解し、

なるべく考えて解ける問題は暗記を最小限に抑えながらトレーニングしていました。

 

この姿勢が、非常に受験生としてほかの生徒に比べて優れていた点に感じます。


【合格】

自己採点の時点で、かなりの難化が予想された今回の過去問で、合格基準点を取れていました。

その点、かなり安心して報告を待てた生徒の一人です。

 

結果についても案の定合格。

素晴らしいの一言です。

 

【勝因】

彼の勝因は、彼だけの話にとどまりません。

お母様も彼も、もともと通っていた個別指導塾の塾長よりも若い自分を全面的に信頼してくれたことだと思っています。

 

転塾してきたのが夏休みが終わってからなので、受験のために残っていた時間は短かったですが、

彼自身は、弱音を吐くことはあってもあきらめることは一切ありませんでした。

 

お母様も彼のことを叱咤激励しながら受験に取り組んでいってくれたため、

彼もまっすぐ歩き続けたんだと思います。

 

【受験においてのアドバイス】

周りから受験について「危ない」とか、「落ちるかもしれないよ」とかアドバイスを受けることは多いと思います。

しかし、現状、ほぼすべての学習塾は生徒の成長よりも合格を優先して、1ランク低い学校を進めてくるところが多いです。

あくまでも個人の考えの範疇は出ませんが、生徒たちには「行きたい」という気持ちを最優先で、

受験に取り組んでいってもらいたいと思っています。


調布市立第四中学校 MTさん 都立神代高校 合格!!

合格者実績
合格者実績

私は、人生で最初で最後である高校受験をとても良い経験として終わらせることができました。
二年生の三学期から「受験だ」などと色々と言われていましたが、私はプレッシャーを感じやすいという弱点がありました。言われることに対してとても重く受け止めてしまい勝手に焦ってしまう私は、そんな言葉が本当に嫌いでした。そんな中始まった受験勉強はハードで、寝不足の日が続きスマホも使えず「これで一年間やっているの?」と不安なときもありました。また、後半に少し病みかけてしまったこともありました。「自分には受ける意味はあるのか」と考えてしまい、ネガティブな自分が嫌いでした。でも、そんな自分を導いてくれたのは、いつも周りの人でした。勉強の面では、学校や塾の先生方にたくさん教えてもらい、だんだんと点数が上がっていくのが嬉しく、頑張ろうと思えました。特に苦手な数学、英語は様々なポイントや解き方が分かって、自信がつきました。
そしてもう一つの課題は精神面でした。本当につらかったとき、一人の先生が言ってくれた言葉が心に残っています。「今が良かったと思えるのは、これからの自分に掛かっている。」私はこの言葉を聞いて、今しかできないことをしようと強く思いました。これがあってこそ、私は最後まで走ることができたと思います。また、プレッシャーを感じるという点でも助けられました。先生が日々の勉強に時間制限をつける、など少しだけプレッシャーをかけることを提案してもらったお陰で、本番、自分のペースで全力を出すことができました。私の中で受験は、ただ勉強するだけでなく様々なことを成長させるものでした。そして多くの人に支えられ、感謝しました。長く辛かったこの期間が、あの言葉のように良かったと思えたことを本当に嬉しく思います。

教室長メッセージ

【入塾】

彼女は中学2年生のときに入塾しました。

とても緊張しやすい性格で、定期試験などでも実力を発揮できないということが多かった子でした。

 

志望校については、彼女がやっていたチアダンスの強い学校を考えていましたが、

実際に見に行った結果、チアダンスか勉強かの二者択一の高校生活になってしまいそうということで、

ほかの学校を志望することになりました。


【入試戦略】

彼女はもともと目指していた学校の合格を目指すために頑張っていた内申を、そのまま新しい志望校に活かすことが出来ました。

また、実際の試験においては、彼女が苦手なところに関しては、問題の解説だけではなく、

どこに目をつければいいのかを中心に指導していきました。

そして彼女は、その指導をどんどん身につけてくれました。

 

彼女のもっとも優れている点は、教わったことを100%トレースできたという点です。

 

もちろんこれは、彼女の才覚もあるとも思いますが、彼女の努力がそれを実現させたということは、

言うまでもありません。


【合格】

彼女については、試験の結果についてあまり心配はしていませんでした。

それまでの取り組みや、問題の出来、模擬の結果などを見ていれば合格するだろうというのがわかったからです。

そして結果についても、予想通り合格でした。

 

【勝因】

彼女の一番の勝因は、やはり真面目さです。

真面目に勉強というものに向き合ったのはもちろん、チアダンスと勉強のバランス等にも

真面目に向き合ったため、心から行きたいと願える学校が見つかったのだと思います。

 

【受験においてのアドバイス】

よく、真面目というと、ガリ勉のイメージがある方が多いかもしれません。

しかし、ガリ勉タイプはそこそこまでしか行けません。

なぜなら、ただ周囲の人よりも多くの時間を勉強に充てているだけだからです。

 

実際には、その勉強に対してどれだけの集中力を発揮し、どれだけ戦略的に進めていけるかということのほうが重要です。

 

そして、それらがうまく出来る人は勉強以外にも、部活や遊びを全力で楽しめます。

 

彼女はそれが出来ていました。

 

勉強を第一に考えるのはもちろんですが、それ以外にもいろいろなことをしていたほうが、

受験前の勉強のみという状況になったときにいいというのは、間違いないと思います。

 


調布市立神代中学校 YFくん 都立調布北高校 合格!!

合格者実績
合格者実績

第一志望に受かったこの日から振り返るといろいろなことがあった。僕は四年前の小学六年生のときにs-Live塾に入塾した。
その日からの勉強は全部受験のためにあったのだと思う。僕は勉強するのが嫌いで全然勉強していませんでした。ですがこの塾に入ってちょっと勉強に対する考えが変わりました。今も勉強は嫌いですが、勉強は全て将来の自分のためと考えられるようになり前向きになることができました。入塾から三年が過ぎ受験になりました。中学年の一、二年生のときは部活が大変でしたが、文武両道することができ、こつこつの入試に向けて勉強することができました。僕にとって三年生での勉強はとても大切でした。部活を引退してからの夏休みはとても大切でした。この夏休みで一、二年の社会と理科の復讐を全てすることができました。ほぼ毎日塾に来て七、八時間一生懸命全力で勉強しました。そして夏休みのV模擬はとても良い結果を残すことができとても嬉しかったし、いままでの努力がちゃんと自分の実力になっていることが分かりました。それから月日が経ち、私立の試験の日になりました。僕は東京電機大学高校の併願と東京農業大学高校の併願加点をとっていました。併願の高校は受かりましたが、併願加点の高校は落ちてしまいました。僕はそれによってすごく落ち込んでしまってやる気がなくなってしまいましたが、室長の話によってそれを乗り越え、前より勉強するようになりました。僕は都立試験本番の日にとても緊張してしまいましたが自分の力をすべて出すことができました。そして発表の日、自分の受験番号があるか確認しに行ったときとてもドキドキしました。自分の受験番号を見つけたときはとても嬉しかったし、自分の今までの努力が報われて良かったなと思いました。僕は受験に合格できたのは全てこの塾のおかげだと思っています。ありがとうございました。

教室長メッセージ

【入塾】

彼は小学6年生の頃に入塾しました。

最初は兄が通っていて、その流れでここへ来たという経緯なのですが、

ガッツリ努力するというような雰囲気の生徒ではなく、むしろ飄々といろいろなことをこなしていくタイプでした。


【入試戦略】

彼はまずは内申を基準まで持っていくことを最優先に考え、前期・後期の定期試験に臨んでもらいました。

結果として、内申は基準まであげることができ、夏休み後の模擬でも、非常に優秀な結果を残せていました。

 

人間万事塞翁が馬。

これが、彼にとって続く苦しみの要因にもなっていきます。

 

【入試勉強】

彼はここまでの勉強がかなりうまくいっていたため、受験そのものを舐めきってしまいました。

勉強はやっていますが、油断もしていました。

もともと器用で、ほかの人よりも少ない努力でいろいろと出来てしまう彼の天才肌な性質が、

よくない方向で出てきてしまいました。

 

彼は私立で加点優遇の学校を受けていました。

そこまレベルも非常に高い学校であったため、彼も熱意を取り戻し、一生懸命勉強していました。

しかし、結果は不合格でした。

 

そのときの「僕も勉強をちゃんと頑張らないと試験に落ちるんですね」という言葉は、

彼の偽りのない本心だったと思います。

 

そこから彼は変わりました。

講師や私に勉強に関する宣言をし、それを実行するためにお母様にも監視してもらい始めました。


【合格】

彼はおそらく生まれて初めて必死に勉強したんだと思います。

そしてその結果、見事の合格を勝ち取りました。

 

受験の中で、私立の高校に不合格であったことは残念なことではありました。

しかし、それを乗り越えて彼が成長できたことは、今回の受験で得た、もっとも大きなものだったと思っています。

 

【勝因】

彼は私立高校の受験の失敗から、見事に立ち直り、一回りも二回りも成長して、受験を突破しました。

 

その精神力は、「さすが」の一言です。

 

また、お母様も彼のことを信じ続け、最後まで支え続けてくださったことは、

彼の合格において、語らずにはいられません。

 

彼が根気の受験を通じて、より大きな人間になっていけることを信じています。

 

【受験においてのアドバイス】

受験の模擬や、定期試験で、うまくいかないことは誰にでもあります。

 

そして、失敗をただの失敗としてしまえば、それは非常にもったいないことです。

 

子供はまだ自分の出来ること、出来ないことの区別をつけるのが難しいです。

なんなら、大人でも難しいです。

 

たとえ失敗があったとしても、その中から何を学び取れるか。

 

これを、手を貸しすぎずに、見守り続けていくことが重要だと思います。

 


調布市立第八中学校 AFくん 都立府中東高校 合格!!

合格者実績
合格者実績

受験を意識する前までは、軽く考えていたが、夏休みに入り、V模擬をやってみて現実を知りました。今自分がどんな学力で、どんな位置にいるのかを強く実感しました。それからはまず数学をひたすらやりました。証明や、計算問題も確実に取れるようにするために、繰り返し行いました。少しずつ点数がとれるようになってきたのが11月頃で、そこからは、ビルダーや過去問をひたすら解きました。
もう止めたい!!点数を見たくない・・・と思うことの方が多かったですが、点数がとれたときはすごく嬉しかったです。そのまま最後の模擬をして、自分の必要な点がとれていたときは嬉しかった反面、思っていたよりとれていないことにがっかりしました。ラストスパートをかけていたときも、とにかく不安と
いう言葉しか思い浮かびませんでした。
そんな中で合格できたのはこのs-Liveだったからだと思っています。学力の昇上だけでなく、精神面を支えてもらえました。
長い時間ここの塾に居るということも関係するかもしれませんが、精神面では特に助けられました。また、この塾の強みである自分のやりたいことをできるということが合格に繋がったと思いました。苦手な科目をとことんできること、他にも先生と生徒の距離が近いこと、この二つが一番良かった的であると思いました。
他の塾とは違うことが一番の強みでした。小学校から通っていたいましたが、合格してやっとs-Liveの素晴らしさがわかったと思います。

教室長メッセージ


公立

調布北高等学校
狛江高等学校
芦花高等学校
府中高等学校
松原高等学校
府中東高等学校
片倉高等学校
府中西高校

私立

國學院高等学校
淑徳高等学校
佼成学園女子高等学校
駒場学園高等学校
関東国際高等学校
大成高等学校
サレジオ工業高等専門学校
明星高等学校
東京立正高等学校
藤村女子高等学校
明法高校
大成高校(特進)
東京電機大学付属高校
杉並学院

中学

明治大学付属明治中学校
法政大学中学校